読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本粋薦

あなたの毎日を少しだけ豊かにするブログです。

和田窯道中

和田窯

結果としてマグカップを手に入れることができたのですが、実はお店にたどり着くまでにもいろいろありました。

インターネットで調べても詳しくわからなかった和田窯。住所だけ控えてとりあえず向かうことにしました。

今回の交通手段は電車でなく車。現地についてから足があるのは非常に便利です。暑い外を涼しく速く移動できる素晴らしさ。車すげぇ。

 

幻の和田窯

車を走らせナビに打ち込んだ住所にたどり着くと……和田窯の文字はなし。

住所は合ってるはず……なのに、探している和田窯が見当たらない。

近くにお土産屋さんがあったので聞いてみます。

「和田窯という窯を探しているですが、どこにあるかご存じですか?」

 

「……和田窯?初めて聞きました。」

 

おっと予想外。どうしよう。

 

再び住所の場所に行くと建物はありますがやはり看板などはなにも出ていません。

どうしたもんかと悩んでいると目の前の扉がガラッと開き中から若い男性が。

すかさず聞いてみます。

「和田窯という窯を探しているのですがご存じですか?!」

 

「……和田窯?…ここです。」

 

ちゃんとあったよ和田窯

えぇぇぇぇぇぇぇ。

奇跡的なタイミングで出会ったこの男性がまさに和田窯の方でした。

和田窯を探してここまで来たことを伝えると「中を見ていきますか?」と中にあげていただけることに。

え?良いんですか?

昼食を買いに出かけるところに声をかけてしまっていたらしく、にもかかわらず中を案内してくださいました……その優しさ天井知らず。

 

工房に潜入

工房の中には人が入れるほどの大きさの窯と小さな冷蔵庫くらいの窯がひとつずつありました。なんせ窯がでかい。身の丈以上、高さは2mほどでしょうか。扉がガバッと開いた時は思わず「おぉぉっ…」と声が出ました。

その窯の周りには形成した器などを乾燥させるいくつもの棚があり、さらにその奥では若い方が数名ろくろを回していました。

これまでに訪れたところではいかにもという熟練の職人さんばかりだったのでこの光景は少し意外でした。

 

陶庫

さらにここで作られたモノはどこで買えるのか尋ねると扱うお店まで案内していただけることに。あなたはどこまで親切なのですか……その優しさ底知らず。

そして案内していただいた先が「陶庫」でした。

 

次世代

安直な考え方ですが、若い方がモノづくりに向き合っている姿を目の当たりにして次世代の益子焼に期待せずにはいられません。

また立ち寄り、ほかのモノを使う日が楽しみです。

 

ありがとう和田窯

和田窯に着いたのがもし30分ずれていたら、おそらく諦めて帰るしかなかったと思います。

あのコーヒーマグカップと出会えるまでにも幸運がいくつも重なってやっとこたどり着くことができたのです。

お昼ご飯の時間を1時間以上ずらしてしまってすいませんでした。

本当にありがとうございました。

工房の方の優しさと幸運のおかげで今日もコーヒーが美味しいです。