読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本粋薦

あなたの毎日を少しだけ豊かにするブログです。

日本酒を飲みたい江戸切子 07

江戸のモノづくり

江戸切子ってなんなのか、知っているようでなにも知らないことに気付きました。

 長らく日本の中心である江戸でモノづくりが栄えていないはずがありません。

 名前だけ聞いたことのある「江戸切子」を見て、使ってみたくて東京の墨田区へ向かいました。

 

華硝

駅から下町感のある通りを歩くこと10分ほど。

 一見すると民家に見える建物が目指していた華硝でした。

 インターホンを押してモノを見せていただけるか尋ねるとすぐに案内してくれました。

 中に入り階段を上がると一室にはキラッキラの江戸切子が宝石のように並んでいました。

 

江戸切子

江戸切子の基本の3色は

紅色、瑠璃色、葡萄色だそうです。

 私は瑠璃色のおちょこを手に取りました。

f:id:shotime917:20170328002802j:plain

 色、模様、手に持った感じがもうたまらなく綺麗で見惚れてしまいました。

 これが江戸切子かぁぁぁと心の中で思いながらそれ以外のモノもたっぷり拝見しました。

 

お手入れ

江戸切子はたわしでごしごし洗います。

 繊細そうな印象があったのでなんとも意外でしたが、純度の高いガラスは丈夫なので全く問題ないそうです。

 綺麗で丈夫で長く使えるというのは素晴らしいですね。

 

磨く

日本が最も優れているのはガラスを磨く技術。

 そう教えていただきました。

 世界にもカットガラスなどガラス製品は多々ありますがこと磨く技術では日本はどこにも負けないそうです。

 ガラスは本来曇りガラスのような色をしています。

 その曇った部分を削るように磨き、透明にするのです。

 なるほどこの輝きは磨きから生まれているんですね。

 

別名

実はこのおちょこは「オバマグラス」とも呼ばれています。

 以前安倍首相がオバマ前大統領に贈ったところからそう呼ばれるそうです。

 つまり私はオバマ前大統領とおそろのモノを持っていることになりますね。

 私のプチ自慢です。

 

つくり手

そんな江戸切子をつくる職人さんは江戸切子一筋何十年の人かと思いきや、現在の社長を除くとなんと20代~30代が中心とのこと。

 

なんと。

 

きちんと伝統が受け継がれていくこの状態がある種一つの理想のかたちで、これまで見てきたモノづくりの場の多くとは異なりものすごいことだなと感じました。

 

伝統

古いモノと伝統のあるモノはなにが違うのでしょう。

昔からつくられていて今では生活から切り離されてしまったモノが古いモノ、

昔からつくられていて今も生活の一部としてあり続けているモノが伝統のあるモノなのかなと個人的には思っています。

 つまり使う人によって異なるのですがそういうものかなと思います。

 守るべきものを守り、より良いモノを生み出す。

 伝統を受け継ぐとは同じカタチを守り続けることではないのかもしれません。

 その時その時で最高のモノをつくり続けた結果伝わるものなのかもしれません。

昔よりも今の江戸切子の方が優れている。

そう胸を張って言えるだけの熱量と誇りと技術を持ってモノづくりに向き合っている方々はカッコよかったです。

 

江戸切子と私

江戸切子が日本を代表するモノのひとつであることは疑いようがありません。

f:id:shotime917:20170328003122j:plain

 このおちょこを使って父と酌み交わす日本酒がなんと輝くことか。

 またひとつ日常を豊かにしてくれる素晴らしいモノに出会いました。

彼女に使ってほしいグラス 06

菅原工芸硝子

 

毎日オレンジジュースやサイダーを飲んでいる私ですが、お気に入りのグラスが他にもあります。

千葉の九十九里に工房を構える菅原工芸硝子のグラスです。

 

f:id:shotime917:20170304231324j:plain

 

見ての通り飲み口が斜めにカットされています。

なんとも面白いカタチだと思ったのですが、この角度にはきちんとした意味がありました。

 

斜めの秘密

 

この飲み口は9度傾いているそうです。

その9度がもたらす効果は、

 

美しく水を飲めるようになる

 

です。

コップで水を飲む時、普通は少し上を向くようにして飲みます。

人の顔というのは下から見上げるとなんとも見栄えが良くないものです。

上目遣いが好きな男性はよく聞きますが、その逆はあまり聞いたことがありません。

つまりそういうことです。

 

このグラスを使うと顔はほとんど正面を向いた状態で水が飲めます。

素敵な顔が素敵なままキープ。

そのためこのグラスは「美人グラス」とも呼ばれているそうです。

 

 

スガハラの工房

スガハラは青山にショップがあったりとご存知の方も多いはず。

そんな菅原硝子工芸店ですが、本店というか工房は千葉県の山武郡というところにあります。隣には自動車教習所。アクセスはあまり良いとは言えない場所なので車で行くのがおすすめです。

f:id:shotime917:20170304231347j:plain

敷地は広く、一番奥の建物が工房でその手前にショップ、そしてカフェが写ってませんがこの左側にあります。

車から降りて驚いたのがオシャレな音楽が敷地中に流れているという点。

 

おしゃれか。

 

とつぶやいたのを覚えています。

 

この工房には職人さんが何十人も在籍しているのだそうです。

そんな場所でモノはひとつひとつ手作りされています。

 

 

スガハラショップ

ショップではすぐ隣でつくられるモノが数え切れないほど並びます。

時折工房から職人さんと思しき方が入ってきて、ショップの方と会話をされていました。

モノをつくる場とモノが人に渡る場がとても近いのが良いなあと感じました。

そしてなんとこの工房は見学ができるのです。

f:id:shotime917:20170304231432j:plain

平日はショップのスタッフの方に案内していただけて、土日祝はガイドなしの自由見学。

私が行ったのは平日の17時過ぎだったので間に合いませんでした。

ぐぬぬ

次こそはぜひとも案内していただきたい。

 

美人グラス

とても薄く作られているので口当たりはなめらか。口にガラスが当たっている感覚があまりありません。流れるように水がすべりこんできます。

 

しかし一方であまりに薄いので使う時に緊張します。

洗う時はさらに緊張します。

 

ガシガシ使えるというタイプではないですが、洗練されたカタチの美しさ、口当たりの良さは素晴らしいです。

 

スガハラカフェ

閉店時間ギリギリでしたがせっかくなのでカフェに入ってコーヒーをいただきました。

f:id:shotime917:20170304231519j:plain

使われている硝子はもちろんスガハラのモノ。

f:id:shotime917:20170304231537j:plain

いつも家では益子焼のマグを使っているので、グラスで飲むコーヒーはなんとも新鮮な感じがしました。

フルーティなコーヒーはケーキとも相性が良いのだろうなぁと思いながらも時間がなかったので1杯だけいただいて店を出ました。

もっとゆっくりしたかった居心地の良いカフェでした。

工房を訪れた際はぜひカフェにも立ち寄ってみてください。

 

Sghr

多くの職人さんがひとつずつ作り上げるモノは型こそあれ、ひとつずつに個性があります。

同じ型の中でも自分の手になじむモノを選んでいただきたいです。

人のつくるモノの魅力がたくさんつまったスガハラのグラスは、ほんの少しの緊張感を日常に添えてくれます。

スーツにさりげなくつけたいピンズ 05

伝統のいま

伝統工芸と呼ばれるもののいまが気になり始めて早1年半ほど。時間が経つのははやいもので。

ということで行ってきました神奈川県。

 

f:id:shotime917:20170128231338j:plain

露木木工所

露木木工所というところにお邪魔しました。

f:id:shotime917:20170128231436j:plain

JR早川駅から歩いて10分ほどでしょうか、建物に入るとオフィス兼ショップになっていました。

 

箱根寄木細工と秘密箱

寄木細工とは字の通り木を寄せて模様がつくられた細工のものを言います。

完成品は精巧でまるで木に模様を描いているようにすら見えます。

 

箱根寄木細工といえば有名なのは秘密箱。

どう使えば良いのかすら今の私にはいまいちぴんときません。

 

ショップには大きなモノから小さなモノまで種類も多く置いてありました。

秘密箱や棚やお盆、箸置きなどなど。中にはマウスパッドも。寄木細工も時代とともに変化しているのを感じました。

 

木端でみる寄木細工のつくりかた

入口近くにつくる過程で出た破片、いわゆる木端が置いてありました。

「ご自由にどうぞ」らしいのでご自由にどうもしました。

f:id:shotime917:20170128230352j:plain

王道ともいえる「麻の葉」模様の木端です。

表面は綺麗な模様になっていますが、裏を見ると

f:id:shotime917:20170128230419j:plain

このように接着剤も付いていて、木がどのように寄せられているのか一目でわかります。

ふむふむ、ここがこうなってこうなっているのかなるほどわからん。

少し余談になりますが麻の葉模様は、

f:id:shotime917:20170128230440j:plain

このカタチをいくつも組み合わせてできているらしいです。なるほどやっぱりわからん。

 

ピンズ

そんな箱根寄木細工でピンズを見つけました。

f:id:shotime917:20170128230501j:plain

いまの生活にすんなりと入ってくるモノに思わず手が伸びました。

迷わず購入。

 

スーツを着ている人でオシャレだなぁと思う人はたいていピンズやチーフの細かいところまで気を使っています。

 

f:id:shotime917:20170128230613j:plain

これをつけていると「あ。それ知ってる!寄木でしょ!」

と思っていたよりも色んな方から声をかけられます。

 

そんなちょっとした会話が嬉しかったり。

オシャレで素敵なピンズに出会えました。

サイダーを飲みたいグラス 04

f:id:shotime917:20160315234207j:plain

 

欠かせないモノ

我が家の冷蔵庫に必ず入っている飲み物があります。

牛乳、オレンジジュース、そして三ツ矢サイダー

 

朝食の時に欠かさず飲むオレンジジュース。(たまに野菜ジュース)

目が覚めて頭がまだぼんやりしている時に、1日の最初に飲むオレンジジュースは格別です。

適度な酸味が重いまぶたを少し軽くしてくれ、身体にしみ込んでいきます。

f:id:shotime917:20160315234220j:plain

 

夕飯を食べ終わり、寝るまでの間、映画を観たりしている時に飲む三ツ矢サイダー

炭酸の刺激とすっきりとした味が1日の終わりにぴったりです。

f:id:shotime917:20160315234215j:plain

 

そんな朝晩の習慣に欠かせないのがグラスです。

 

木村硝子店

秋葉原の駅から歩いて15分ほど。

これまで訪れたようないわゆる工房ではなく、事務所のようなところでした。

最近はネット販売だけでなくセレクトショップにも置かれていたりと人気の木村硝子店。

おそらくこの事務所から全国の各地に発送されているのでしょう、ドアの外にまで出荷前の段ボールが積まれていました。

中の人にモノを見せてもらえるか尋ねると奥に通してもらえました。

建物奥の一室がショールームのようになっていて、数多くのガラス製品が並びます。

全てが自社製品というわけではなく、輸入されたモノが割合高かったのは少し意外でした。

木村硝子店は自社工場を持っていないので、ここのデザインを様々な工場に依頼してモノをつくるそうです。

 

グラスを選ぶ、使う

このグラスは大きさの種類がとても多く、自分にぴったりの大きさを選ぶことができます。ディスプレイされている姿はマトリョーシカのようでした。

ここでも手に持ってみて一番しっくりくるモノを選びます。

少し大きめが良いかなぁなどと思いながら色々手に持ってみると、自分に合うサイズは思ったよりも小さかったです。なぜかちょっぴり悲しい。

 

ガラスは薄くつくられていて、口当たりがとにかく柔らかい。

なるほど。口当たりが柔らかいってこういうことかと教えてくれたグラスです。

実際に使ってみるとお店では小さく見えたグラスも容量は十分。むしろぴったり。大きいのを買わなくて良かった……。

 

 グラスと出会う

シンプルで最小限のデザイン。

眺めても使っても全然飽きがきません。

机の上に乗っているだけでもカッコ良い。

コップ1杯の水を楽しく飲める、そんなグラスと出会いました。

和田窯道中

和田窯

結果としてマグカップを手に入れることができたのですが、実はお店にたどり着くまでにもいろいろありました。

インターネットで調べても詳しくわからなかった和田窯。住所だけ控えてとりあえず向かうことにしました。

今回の交通手段は電車でなく車。現地についてから足があるのは非常に便利です。暑い外を涼しく速く移動できる素晴らしさ。車すげぇ。

 

幻の和田窯

車を走らせナビに打ち込んだ住所にたどり着くと……和田窯の文字はなし。

住所は合ってるはず……なのに、探している和田窯が見当たらない。

近くにお土産屋さんがあったので聞いてみます。

「和田窯という窯を探しているですが、どこにあるかご存じですか?」

 

「……和田窯?初めて聞きました。」

 

おっと予想外。どうしよう。

 

再び住所の場所に行くと建物はありますがやはり看板などはなにも出ていません。

どうしたもんかと悩んでいると目の前の扉がガラッと開き中から若い男性が。

すかさず聞いてみます。

「和田窯という窯を探しているのですがご存じですか?!」

 

「……和田窯?…ここです。」

 

ちゃんとあったよ和田窯

えぇぇぇぇぇぇぇ。

奇跡的なタイミングで出会ったこの男性がまさに和田窯の方でした。

和田窯を探してここまで来たことを伝えると「中を見ていきますか?」と中にあげていただけることに。

え?良いんですか?

昼食を買いに出かけるところに声をかけてしまっていたらしく、にもかかわらず中を案内してくださいました……その優しさ天井知らず。

 

工房に潜入

工房の中には人が入れるほどの大きさの窯と小さな冷蔵庫くらいの窯がひとつずつありました。なんせ窯がでかい。身の丈以上、高さは2mほどでしょうか。扉がガバッと開いた時は思わず「おぉぉっ…」と声が出ました。

その窯の周りには形成した器などを乾燥させるいくつもの棚があり、さらにその奥では若い方が数名ろくろを回していました。

これまでに訪れたところではいかにもという熟練の職人さんばかりだったのでこの光景は少し意外でした。

 

陶庫

さらにここで作られたモノはどこで買えるのか尋ねると扱うお店まで案内していただけることに。あなたはどこまで親切なのですか……その優しさ底知らず。

そして案内していただいた先が「陶庫」でした。

 

次世代

安直な考え方ですが、若い方がモノづくりに向き合っている姿を目の当たりにして次世代の益子焼に期待せずにはいられません。

また立ち寄り、ほかのモノを使う日が楽しみです。

 

ありがとう和田窯

和田窯に着いたのがもし30分ずれていたら、おそらく諦めて帰るしかなかったと思います。

あのコーヒーマグカップと出会えるまでにも幸運がいくつも重なってやっとこたどり着くことができたのです。

お昼ご飯の時間を1時間以上ずらしてしまってすいませんでした。

本当にありがとうございました。

工房の方の優しさと幸運のおかげで今日もコーヒーが美味しいです。

豆から挽いて淹れたいコーヒーマグカップ 03

 

f:id:shotime917:20160220004324j:plain

休日の贅沢

私はコーヒーが好きで休みの日には自分で淹れて飲んでいます。

どうです。オシャレでしょう。

昔も今も知識などが詳しいわけではないですが、家でも豆から挽いたコーヒーを飲みたくて、ある時ふと思い立ちミルを買いました。

それに家で豆から挽いて淹れたコーヒーを飲むっていかにもオシャレじゃないですか。

「ちょっと待ってて。今コーヒー淹れるよ。」とかサラッと言ってみたい。

そしてそのコーヒーの時間をもっと豊かにするために必要なのはやはりマグカップだろう!と思ったのです。

 

益子焼

そこで白羽の矢が立ったのが、益子焼です。

関東の焼き物として有名どころの双璧は以前ご紹介した笠間焼益子焼ではないでしょうか。

益子焼は笠間焼の産地、茨城の笠間市から山を越えた栃木県の芳賀郡益子町で主につくられている焼き物です。

車で行けば笠間から1時間とかからない距離にあります。地図でいう栃木県の右下の方です。

 

和田窯

益子にもやきもの通りのような焼き物のお店が立ち並ぶ場所があったのですが、行く前から気になっていた和田窯という工房を訪ねてみることにしました。

そしてなんとかたどり着いた先が「陶庫」というお店です。

陶庫はセレクトショップのようになっていて、その土地の作家さんの作品を始め様々な種類のモノがありました。内装もオシャレで中を見て回るだけでも楽しかったです。

来ているお客さんも若い方から年配の方まで幅広い層がいたように思います。

そして実は和田窯は陶庫のいわゆるプライベートブランドでした。陶庫がそのお店で独自に展開しているブランドということです。もちろんインターネットでも購入できます。

 

ツートンマグ

そのお店で選んだのが今回のマグカップです。

f:id:shotime917:20160220004335j:plain

釉薬は主に次の4色。白、黒、茶、青磁のような明るい緑。

f:id:shotime917:20160220004318j:plain

これはまんぼう湯呑みというシリーズで見た目がなんとも可愛らしい湯呑みです。思わず買い揃えてしまいました。

マグカップはこの4色から2色を組み合わせたツートンになっています。

f:id:shotime917:20160220004341j:plain

このカップは上側が茶色で下側が黒です。

f:id:shotime917:20160220004349j:plain

ちなみにこの内側は茶色になってます。

 

「ブラックコーヒー待ったなし。」

 

思わずこんな言葉が浮かびませんか?

 

同じ商品から選ぶ楽しみ

一目見て、手に持ってこのカップを買おうとすぐに決めたのですが、レジへ行くと同じ種類のカップをいくつも出してくれて選ばせてもらえるのです。

手で作られているモノなので、ひとつひとつに個性があります。

出されて並べられた時はそれほどわからなかったのですが、手に持ってみるとその差は歴然。

取っ手の広さや角度、口の広がり方などまるで違います。

見た目はほとんど同じなのにこれだけ違いが出るものなのかと驚きました。

4つほど試し、一番自分の手にしっくりくるモノを選びました。

これは私に使われるためにつくられたのではないかと自意識過剰になってしまうほど。

この時間もまた手づくりのモノ選びの楽しさのひとつ。

これはネット通販などではなかなか味わえないと思います。現地に訪れた人ならではの特権なのです。

 

陶庫のお店のスタッフの方々も非常に感じが良く、楽しくお話させていただきました。

和田窯の方との出会いもあったのですが、それはまたの機会に。

 

良いモノは良い

使ってみるとこのカップにはやはりブラックコーヒーがとても良く似合います。

口の部分が大きく開いているので香りの広がり方が抜群です。

ちょっと多めに飲みたい私としては大きさもちょうどいい。コーヒーサーバーでいう1.5杯分くらいでしょうか。

何度使っても楽しい。良いマグカップと出会えました。

 

新しい伝統

今回私が手に取ったモノは歴史的にみると、「新しい」益子焼なのだと思います。若い人にも受け入れられやすいモダンなデザインでしかも使いやすい。

これからの和田窯にもますます期待です。

このカップを使って飲むコーヒーは2割3割増しで美味しいです。

 

休日に少しだけ手間をかけて淹れたコーヒーを飲みながら映画を観る。

私の精一杯オシャレで贅沢な時間です。

変化を楽しみたいクラッチバッグ 02

f:id:shotime917:20160129154710j:plain

 

紙和

このバッグは紙でできています。

「ナオロン」という、破れにくく水に濡れても大丈夫というとってもスーパーな障子紙から作られています。

この素材で作られたモノが「SHIWA|紙和」シリーズです。

f:id:shotime917:20160129154738j:plain

他にもトートバッグ、財布、ランドリーボックスなどなど種類や色は様々。

デザイナーは深澤直人さん。シンプルで使いやすく飽きがこないとても好きなデザインです。

最近セレクトショップでも扱われ始め、注目を集めているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

紙和のクラッチバッグ

はじめに伝えますと、このバッグはクラッチバッグではないです。我ながらなにを言ってるのかよくわからないと思うのでちゃんと説明します。

本来これはiPadなどを入れるタブレット用クッションケースとして作られています。

f:id:shotime917:20160129154734j:plain

これですね。ばっちりタブレットを入れてます。

ですが私はサイズがちょうど良いのでクラッチバッグのように使っています。なので今回はクラッチバッグとして書きます。

あ。でもちゃんとクラッチバッグも別につくられていますよ。(ややこしい)

f:id:shotime917:20160129154730j:plain

これです。これは紙和のクラッチバッグです。これも欲しいです。大きさも選べるのが嬉しいですね。欲を言えばもう少し色の展開が欲しいところ。

それでは話を私の「クラッチバッグ」に戻します。

 

おでかけに紙和を

f:id:shotime917:20160129154725j:plain

身軽に出かけたい時私が持って行くモノは

 

・財布

・定期券

iPod touch

・イヤホン

・ハンカチ

・目薬(私の生命線)

 

これに1冊本を足すかどうかくらい。これらを入れるには十分な大きさです。最初の写真も中に全て収まった状態で撮っています。

f:id:shotime917:20160129154721j:plain

上にはジッパーが付いているので中の物が落ちる心配もありません。

もう少し大きなバッグを使う時にもバッグインバッグとして使っています。

雨などで水に濡れた時はタオルで拭き取って陰干しすればおっけーです。

濡れた時は色がかなり変わっていたので焦りましたが乾くとシミにもならず全然わかんなかったです。ナオロンすごい。

 

さて、そんな紙和はどこでつくられているのでしょうか。

 

大直

つくり手にお話を聞きたくて降り立ったのは山梨県。山梨は昔から和紙など紙の製造が盛んな土地です。

私が訪れた大直という会社(工場)は甲府駅から電車で50分ほど乗り継いだ市川大門という駅から更に15分ほど歩いたところにあります。

 

とりあえず行ってみる

住所だけ調べて向かったところ、そこは工場でした。とっても工場でした。

建物にお店が入ってるんじゃないかと踏んでいたので予想外です。

工場から人が出てきたところにすかさず突撃。

 

「すいません!ここでモノは買えますか!?」

 

本来は事前に連絡しないといけないみたいなのですが、たまたま商談に来ていた方たちが帰るタイミングだったらしくアポなしの突撃を受け入れてくれました。ラッキー。

 

工場ならでは

会社の一室がお店のようになっていて、商品が陳列されています。紙和の各シリーズをはじめ、紙製品(ぽち袋や便せん、葉書きなど)が並びます。

シリーズは種類が多く色の展開も複数あるため全てはとても並びきりません。

そのためパンフレットを渡され、気になるモノを伝えると工場の倉庫から直接取ってきていただき見せてもらえるというなんともぜいたくな感じで見せてもらいました。ちょっぴり申し訳ない気持ちにもなりましたが。

 

いくつも並んだモノを見比べながらアレコレ楽しく迷い、その中の2つを購入。

レシート代わりに手渡されたのは納品書。

業者か。

 

ちなみにですが私が使っている青のタブレットケースはもう製造されておらず、現在は白と黒と赤の3色販売されています。

私はまだ若干工場に残っていた在庫を売っていただけました。またしてもラッキー。工場突撃特典かもしれません。

 

育つ紙和

表面は和紙のように肌触りが優しく、このバッグに関して言えばタブレット用にできているので中にクッションか何か入っているのかふんわりやわらかいです。

そして紙なので当然しわがつきます。それが名前の由来のひとつですね。

使い込むだけ味が出る、革製品と似たところがあるかもしれません。

f:id:shotime917:20160129154714j:plain

私のは使い始めて半年ほど。良い感じに育ってきました。

こういった変化を楽しめるのが紙和シリーズの醍醐味かもしれません。

 

紙和ができるまで

ナオロンという破れない、水に強い素材ができてからも製品になるまでは長い時間がかかったのだとか。

バッグなどを作るには紙と紙を縫い合わせる必要があります。

しかしナオロンは紙なので縫い合わせる、針を通したところに穴が開きます。

これが布であれば繊維がつまるので問題ないのですが紙の場合そうはいきません。

穴はそのまま穴であり、強度も落ちるし水にも弱くなります。

ナオロンの良いところを保ったまま製品にするというのが上手くいかず、様々な工場から加工を断られたそうです。

そんな中その難題に一緒に挑戦してくれる工場が現れ、試行錯誤を重ねた末に完成したのが現在の紙和なのです。

モノに歴史ありですね。

 

新しい紙

ぜひ一度、紙和を手にとってみてください。

紙という私たちの生活、歴史にぴったりと寄り添ってきたモノのこれまでとは違った一面を感じれるはずです。